エレテカ倶楽部

最近のトラックバック

2018年8月25日 (土)

膳所花火大会2018

膳所祭りの花火大会です。間近で見る花火は、その大きさも凄いですが、何よりもおなかにずしんと響く音が最高です。
今回は、湖面に映る花火を撮ってみました。

Zeze002_2

Zeze004_2

Zeze006_2

Zeze007_2

Zeze005_2

Zeze003_2

Zeze001_2

文四郎は、おとなしくお留守番でした。文四郎の写真は次回に。。。。

お付き合いいただき、ありがとうございました。






2018年8月 7日 (火)

2018年琵琶湖大花火大会

皆さんこんばんは。
今年も、琵琶湖の大花火大会を堪能しました。
では、連発でご覧ください。

001

002

003_2

今年のテーマは、「虹色の旅へ」
花火も虹色に染まっています。

004_2

005

006

笑ってる(*^_^*)

007_2

今年は、いろんな色と形を楽しめました。

特に、このブルーは秀逸でした。

008

009

010

楽しい、1時間でした。

文四郎はおとなしく一緒に見てました。

写真はありません(-.-;)

次は、膳所の花火かな~~。楽しみです。

では、またよろしくお願いします。

 


 



 



 

2018年7月 8日 (日)

安全キャップ

集中豪雨の被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
 
こちらは、大雨で琵琶湖もかなり水位が上がっています。

Imgp3542

雑草の端に護岸の石組みが何段かあって普段はそのかなり下が
水面なのですが、かなり水面が上昇しています。
これは、下流にある京都や大阪の洪水を防ぐために、洗堰からの
放流を制限して、琵琶湖に目一杯貯水しているからだそうです。
琵琶湖は偉大な力がありますね。
  ※この記事は、FBのお友達ZA様からお伺いしました。
 
さて、今日は安全キャップのお話です。
昨年の秋から、昔やっていたラッパを引っ張り出してきてプカプカ
やってて、それがなかなか元のレベルに戻らないのですがね。
まあ、それは良いのですが、、、。
Imgp3520
この楽器には、ピストンが3個ついていて、それが金属同士が
擦れ合う構造になっているため、その部分にオイルを注して
潤滑させます。そのオイルがこちらです。
Oil
左がヤマハ(日本製)、右がホルトン(米国製)のものです。オイルは
ジェット燃料のような成分だそうで、飲んだら危険と書いてあります。
このホルトンの白いキャップに赤い部分があるのにお気づきでしょうか。
拡大してみると、こんなところです。
Huta
キャップを開けるときにこの赤い部分を押さえて白いキャップを
回さなければ、キャップが開かない構造になっています。
これは子供の誤飲を防ぐ目的と思われます。
簡単な構造でコストもほとんど変わらない感じです。
実によく考えてあります。
こういう部分、まだまだ日本も見習わなければなりませんね。
 
さて今日は、文四郎のトリミングでした。夏向けにさっぱりした
文を見てくださいませ~。
 
Imgp3471
 
Imgp3461
 
Imgp3470
 
Imgp3489
 
Imgp3484b
 
最後のは、テーブルの上にあるおやつを取ろうとしている
瞬間です。まあ、なれたものですねー。
では、またよろしくお願いします。
 
 
 

«満開ですね

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ